水虫を治す最短の近道とは

水虫は自覚症状がなく、自分が水虫だと気づいていない人はかなり多いといわれております。放っておくと悪化し患部が広がって症状が悪化することがあります。ですから早めに治療が大事なんです。

水虫に気を付けたい足の画像

水虫ってなんぞや?

「水虫」というくらいなので虫が感染したのか?と思う人もいるかもしれません。実は白癬菌というカビの一種が足の角質層に住み着いてしまうと水虫になるのです。白癬菌は足以外にも感染するため身体にも症状がでますが、90%以上は足の角質層に感染してしまいます。一度感染してしまうと角質層の奥に住み着いた菌を殺菌する治療には数か月かかってしまいます。市販の治療薬や病院で処方された薬を使用している場合、かゆみなどの症状がなくなると薬の使用をやめてしまう人もいるのですが、症状が消えてからしばらくは薬の使用を続けることが重要です。水虫は再発しやすいため、痒みがなくなっただけで薬の使用をやめてしまうと角質層の奥に白癬菌が生き続けていて再びかゆみなどの症状が生じてしまうことがあるためです。さらに悪化すると爪にまで感染してしまい、治療のために数か月から長い人では1年近くかかってしまうことがあります。
水虫になってしまう原因は、白癬菌がいるところにたまたま足があったという程度のもののため、ジムやプールなどでロッカーを裸足で歩いたり、温泉や公共施設のスリッパなど、他の人と共用するものから感染してしまうことが少なくありません。足に付着した白癬菌は約24時間かけて角質に感染するため、24時間以内に綺麗に洗い流せば感染することはないと言われています。そのため、感染予防のためには毎日綺麗に足を洗うことが重要です。また、白癬菌はジメジメして温度の高いところが好きなため、仕事で靴を履きっぱなしの人や、ストッキングを履いて足が締め付けられるヒールやブーツを履く女性にも多く見られます。水虫の感染を防ぐためには、乾燥と清潔を心がけることが重要になります。

水虫かも?気になる症状とは?

水虫の症状として最もイメージされやすいのは「趾間型」の症状です。これは指と指の間にかゆみが生じると同時に皮が白くふやけ、その皮を毟ると液がただれてくるといったものです。しかしこれは水虫の症状の一つに過ぎず、この他にも「角質増殖型」と「小水疱型」と呼ばれるものがあります。角質増殖型は足の裏やかかとの部分の角質が厚くなって皮がむけてくる、小水疱型は足の裏や端に水ぶくれのようなものが出来て強い痒みを感じさせるといった症状になります。このように水虫の症状はいくつかのパターンがあり、そしていずれも放置されているとさらに悪化していくことになるのです。もちろんどのような症状であっても注意は必要なのですが、中でも特に注意したいのは角質増殖型でしょう。角質増殖型は水虫の症状の中でも珍しく痒みが生じないという特徴があります。また角質が厚くなることは決して珍しいことでは無く、その都度軽石などで削って対応している人もかなりいます。しかし軽石で削っても原因菌となる白癬菌は既に皮膚に住み着いてしまっているのですから、何度こすったところで完治はしません。むしろこの角質増殖型が放置されたことによって趾間型や小水疱型に発展していくことがありますから、角質が厚くなっている状態が続いたのであれば早い段階に皮膚科を受診した方が良いと言えるでしょう。またこうした痒みや皮膚の異変といった症状は水虫の中でも初期から中期の症状です。これがさらに進むと爪の中にまで白癬菌が入りこむ爪水虫になり、また水虫による直接の症状では無いものの、破壊された皮膚の組織から別の細菌が入りこむと患部が化膿して入院治療が必要になる、また糖尿病患者がこういった状態になってしまった場合には最悪の場合は組織が腐って切除が必要になることもあり得ます。もちろんこうしたことは全体からすればごく一部ですが、こうした注意が必要なことは知っておきましょう。

水虫になったけどお薬で治るの?

水虫というものには、いたって健康な人でもかかるものです。ですから、このように健康な人で、普段はめったに病院に行かない人が水虫にかかったりしますと、医者に行ったほうがよいのか、あるいは市販の薬を買えばよいのかと迷ってしまうものです。それでも、かゆみが我慢できないものだったりすると、何とかするものですが、かゆみも何もない状態ですと、ついついほったらかしにしてしまったりするものです。そうすると、水虫の症状はさらに悪化してしまったりするものです。ですから、このような人は、できれば皮膚科のお医者さんのところに行ってみたほうが良いと言えるでしょう。しかし、最近は医薬分業が進んでいますから、お医者さんは薬を処方してくれるだけで、実際の薬は調剤薬局に受け取りに行くことになります。そして、薬の使用方法も、調剤薬局の方が説明してくれるという手順になっています。それで、この薬で本当に水虫が治るのかどうかということですが、それは使用方法にもよると言えるでしょう。すなわち、調剤薬局の薬剤師の方は、「お風呂に入った後にクリームを塗るようにしてください」と説明されることが多いのではないかと思います。ですから、素直にその通りにするのが一番良いと言えます。そうではなくて、足の裏が汚れている状態の時にクリームを塗るようにしても、効果はあまりないと言えるでしょう。でも、考えてみれば、お風呂に入って足の裏を常に清潔な状態に保っておくということは、それだけで水虫治療には良い効果があると言えるのではないでしょうか。そして、薬をすべて使いきってしまったら、またお医者さんのところへ行って水虫の具合をみてもらうことになるわけです。